activity


下北山村で季節の手仕事・農仕事を体験。


ここでは季節の手仕事・農作業がいまもしっかりと残っています。先人の知恵が受け継がれている今だからこそ、ぜひ皆さまにもこの体験をしていただきたいと思っています。お気軽にご相談ください。


春 

釜炒り番茶作り 各家庭の生垣に植わっているお茶の木。

4月末から、天気と相談しつつ、徐々にお茶摘みが始まります。丁寧に手摘みされた新芽だけを贅沢にも釜で炒るのが下北山の番茶。手もみ、天日乾燥を経て飲む前に再度じっくり釜炒りをして薫りを出す。無農薬で無肥料、寒暖差の激しい下北山の気候と、時間を惜しまず手間暇かける人の心が美味しいお茶を育みます。


初夏

梅狩り、梅加工  村のあちこちで見かける梅の木。

一本の木からびっくりするくらいの梅が収穫できます。無農薬ほったらかし栽培の梅は村の宝。暦を感じながらの梅仕事は何とも心が落ち着くのです。

田植え
手植え、手狩り、天日干しのお米作り。

無農薬、無施肥の放任栽培に近いお米作り。5月末~6月にかけて手植えで田植えを行います。草引き作業はなかなか苦戦する田んぼ仕事の一つですが、裸足で田んぼに入り、土と水を感じながらただただ集中する作業はメディテーション効果が抜群。一仕事を終えると達成感とともに驚くほどリフレッシュしています。


米、たかきび等の収穫・加工

田植えをしたお米の収穫稲刈り。春に種まきした雑穀のたかきびの収穫や加工、たかきびを使った「たかきび団子」を作る体験も。


下北春まなの収穫、めはり寿司つくり・お漬物、味噌仕込み

下北山村ならではの伝統野菜、冬の寒さで美味しくなる下北春まな。春まなでつくる「めはり寿司」をじっくり作る体験などもできます。


年間を通して、季節の野菜の播種、収穫、キッチンガーデンのお手入れ なども体験できます。

体験できるメニューは暦によりさまざまです。

村の古老や達人に手習いを請うことも。(内容により案内・体験料金 1時間 ¥500~¥2,000/人) 


川遊び

お宿のすぐ下を流れる西の川では、川遊びをお楽しみいただけます。村内には、他にも大峰山系を源流とする前鬼川・池郷川・奥地川が流れています。
村人が連綿と守り続けてきた美しい川。安全には十分にお気をつけて、癒しの川遊び時間をご自由に。